ドビュッシーの私生活?について

お気に入りのクラシック系音楽番組で、ドビュッシーの話題が出ていました。

私は割と子供のころからクラシック音楽が好きでした。

でも、最初のころはバッハとショパンとリストが好きでした。それ以外は、そんなに聴いていませんでした。あっ、スメタナも好きでした。

結婚したら、夫がクラシック大好きで、いろんな時代や作曲家の音楽や、指揮者や演奏家にとても詳しく、本当に好きなんだな~と思うとともに、私もいろいろと影響を受けて、若いころには興味がなかった作曲家の良さに気づき始めました。

そんなわけで、今はブラームスとサン=サーンスとドビュッシーとラヴェルが好きです。

あ~ベートーヴェンとチャイコフスキーもいいですね。

もちろん、バッハやショパンやリストが嫌いになるはずもなく、好きな作曲家が増えつつある今日この頃です。

ちなみに、モーツァルトは別格です。好きに決まってる感じです。

で、去年はドビュッシーの没後100年でした。

誕生日に実父から「何が欲しい?」と聞かれ、ドビュッシーのピアノ曲集のCD4枚組を買ってもらいました。

そんなこんなで、ドビュッシーをよく聴くようになってきたのですが、「月の光」とか「亜麻色の髪の乙女」とか、「夢」とか「アラベスク1番」とか、とてもきれいで不思議な魅力のある曲ですよね。

さて。

音楽番組で出ていたドビュッシーの話です。

ドビュッシーは、「恋多き男」だったようです。それがまた結構な泥沼だったらしく・・・

1880年~1888年

学生時代、マリー=ブランシュ・ヴァニエ夫人と8年に渡り交際(不倫)しながら、ピアノを教えに行っていた家の娘さんとも恋愛関係に。

1889年~1898年

その後、ガブリエル・デュポンと同棲し、テレーゼ・ロジェと浮気して、ガブリエルが自殺未遂。

1899年

何と、ガブリエルの自殺未遂の翌年、マリ・ロザリー・テクシエと結婚。

1904年

エンマ・バルダックと交際を始め(不倫・・・ですよね)、マリ・ロザリー・テクシエが自殺未遂

1905年

マリ・ロザリー・テクシエと離婚し、エンマ・バルダックとイギリスへ。

年内にパリへ戻って来て、エンマが一人娘・シュシュを出産。

1908年

エンマ・バルダックと正式に再婚。

ようやく恋愛遍歴も落ち着き、子煩悩な父親になったようです。

あわわ・・・何だかすごい昼ドラみたいな私生活ですね。

純粋な私には信じられませんわ(笑)。

素晴らしい名曲の影に、ビックリ仰天エピソードがあったわけですが・・・

名曲は名曲です。やはりドビュッシーの曲はいいです!

彼の恐るべき恋愛遍歴は知らなかったことにして、これからも聴き続けたいと思います。