公民館の「アロマと認知症予防」講座の準備中です

アロマテラピーインストラクターをしています。

明日(2018年4月21日)、市内の公民館で講師を務めます。

内容は、「アロマストーン作りと認知症ミニ講座」。

ただ今、準備に追われているのですが、集中力が途切れてきたので、気分転換にブログを書いています(笑)。

もっと知ろう!認知症。もっとしよう!アロマテラピー

認知症の発症の早い段階で、物忘れが始まるよりも先に嗅覚が衰えて、「嫌なにおい」を感じる力が弱くなる・・・そうなる前にアロマで嗅覚を刺激すると、認知症予防になるという研究発表をした鳥取大学の浦上克哉教授のおかげで、認知症のことやアロマテラピーのことが広く知られることになり、ありがたく思っています。

義父の認知症介護でつらい思いをした私たち夫婦ですが、周囲の人たちは本当の意味での大変さをわかってくれませんでした。無責任な発言や心ないひとことに涙した日もありました。

認知症という病気が本人や家族に与える影響の大きさは計りしれません。

そして、実際に経験した人でないとわからないことがたくさんあります。

今まで、認知症という病気についてあまり知られていなかったり、認識が甘かったりで、認知症と闘っている家族への支援などはあまり感じたことがありませんでした。

しかし、これからの日本は認知症患者が増えて行きそうですし、介護する側も高齢だったり病気を抱えていたりするケースも増えて行くと思われます。

でも、もしアロマテラピーで認知症の予防ができたり、改善することができたら。

本人にとっても、家族にとっても、心の負担が減って活動的になれたり、リラックスできたりするようになると思います。

そのために、認知症のこと、アロマテラピーのこと、もっと知ってもらいたいと思います。

10年以上に及ぶ認知症介護経験などをもとに、メールマガジンを書きました。

20日間で完結するステップメールですが、ぜひお読みいただきたいと思います。

認知症のことを考えるきっかけになればと思います。

「自分は大丈夫」と思っていませんか?

そう思っている人が、いちばん危ないのです(笑)。

誰でも認知症になる可能性があるということをしっかりと自覚し、予防に努め、将来に渡って元気でいられるようになるために、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

群馬県、安中市、アロマテラピー、アロマテラピー教室、ハンドメイド、加賀ゆびぬき、認知症、介護、認知症予防
スポンサーリンク

シェアしてくださる方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひフォローお願いします。