懐かしくなって聴いています、テレサ・テン

昨日、NHKの歌番組「うたコン」に好きなミュージカル俳優の井上芳雄さんと石丸幹二さんが出演するので録画しておいて、今日見ました。

井上芳雄さんと石丸幹二さんの「地上の星」はとてもよかったんですが、意外にこの日は冒頭で女性歌手の皆さんが歌ったテレサ・テンさんの「別れの予感」がすごく懐かしくて、CDを引っ張り出して来て聴きながら、このブログを書いています。

小学生の頃、「時の流れに身を任せ」がヒットしていて、その頃からテレサ・テンさんの歌は結構好きでした。

「空港」「つぐない」「愛人」なども懐かしいですね。

私が大学生の頃、残念ながら42歳で亡くなったテレサ・テンさんですが、20年以上たっても歌い継がれている名曲たち、色あせないですね。

気づけば私は43歳。いかんなぁ。まだ何者にもなっていない気が・・・。

話を戻しますね。今聴いているのは「Recollection ~追憶~」というCDです。

ヒット曲がバランスよく収録されているので気に入っています。実は20代の頃、レンタルCDショップでCDを借りてコピーしたのですが(笑)。

この中に入っている「あなたと共に生きてゆく」がとてもいい曲なんです!

夫に出会って、結婚を決めたとき、この曲をCDにコピーして送りました。たぶん。違ったかな?(笑)

送ったことは確かなんです。

これ、作詞がZARDの坂井泉水さんで、作曲が織田哲郎さんなんですね。テレサ・テンさんの最後のレコーディング曲だそうです。

最後にこんな素晴らしい曲に出会えて、彼女は幸せだったのではないでしょうか。

懐かしいです。本当にいい曲なので、皆さんも機会があったら聴いてみてください。

この曲を聴くといつも思い出すのですが、20代の頃、一度だけ歌を作ったことがあるんです。

その歌の出だしが、気づいたらこの曲に似ていました。

「盗作」と言われたら困るなぁと思って、発表するのをやめました(笑)。

手直しして世に出してみようかしら(笑)。

スポンサーリンク

シェアしてくださる方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひフォローお願いします。