京都への旅のレポート・その3

2018年7月8日の、京都旅行2日目のレポート後半戦です(笑)。

大徳寺の塔頭(たっちゅう)と思われる瑞峯院などに行ったところまでは前回書きましたので、今回はその後のお話をします。

大徳寺のすぐ近くに「おはりばこ」というお店があります。

つまみ細工を取り扱っていて、完成品はもちろん、材料もたくさん販売しています。また、がま口や根付、ハンカチなどのちょっとした和小物も扱っています。

実は一年ちょっと前に私もつまみ細工を始めたので、材料が充実しているとつい買ってしまいそうになります(笑)。

でも、この日はこのあとまだ見たいところがあったので、友だちへのお土産にする「ミニがま口」と、自分が使う帯飾りにできそうな根付けを買うぐらいにとどめました。

このお店、実はテレビ朝日系の「科捜研の女 Season17」のロケ地となったお店なんです!

犯人の逮捕現場となったお店という設定でした。私は科捜研の女が大好きで、たぶんSeason10ぐらいから本気で見ています。

お店のエントランスがとてもいい雰囲気で印象に残り、ネットで調べたら、このお店でした。

お買い物をする際、お店のスタッフの方に「科捜研の女、見てました!」と言ったら、その時の様子などを話してくれたり、同番組でよくロケをしている場所の情報なども教えてくださいました。

さて、その後またバスで移動し、今度は西陣織会館へ。

着物好きな私は、ぜひ一度は行ってみたいと思っていました。

バス停「一条戻り橋・晴明神社前」で降りて歩いたのですが・・・。

到着してみたら、ひとつ前のバス停「堀川今出川」の目の前でした(笑)。

1Fには西陣織の帯などができるまでの工程が説明されているパネルがあり、3Fには西陣織の帯や着物の展示ありで、なるほど~という感じでした。

そして、3Fの広ーいお部屋にステージがあり、そこで着物ファッションショーが開催されていました。

海外からの観光客の皆さんは、結構喜んでくれたのではないでしょうか。

2Fは和風の布小物やキーホルダー、ショール、バッグなどの販売コーナー。リサイクル着物の「ながもち屋」さんも入っていてなかなか充実したスペースでした。

とは言いながらも、ちょっと人出が少なく寂しい感じだったかな?

時間があったので、予定になかった晴明神社に寄りました。

西陣織会館から歩いて行けましたので。

晴明神社は、映画「陰陽師」でおなじみの安倍晴明を祀った神社です。

フィギュアスケートの羽生結弦選手もたびたび訪れていることで有名ですね。京都市内で屈指のパワースポットということでした。

おみくじをひいたら、結構いいことが書いてありました!

ということで、この日最後の観光スポット、二条城へ向かいました!

二条城

空がいい感じですね~。

二条城は中学生の頃に修学旅行で行ったことがあります。そんなわけで、28年ぶりでした。

大政奉還の舞台になった場所として有名ですね。

他の観光客の人が「えっ、ここで大政奉還?江戸じゃないんだ!」とビックリしていましたが・・・。

常識だと思っていたので、ここで初めて知った人がいることに驚きました(^_^;)

さて、中学生だった当時は御殿の中をサーッと歩いて満足して帰ったのですが、今回は庭園とかいろいろじっくり見て歩きました。

そうしたら、ボリュームたっぷりで、足がガタガタになりました。着物を着ていると、普段使わない筋肉を使うようで、日頃は田植えとか稲刈りとかしても筋肉痛になんてならないのに、この日は体中痛くなり、夜、眠れませんでした(笑)。

ちなみに、この日は歩数計の数値が23,706歩でした。距離に換算すると15キロぐらい?

頑張りました~!

夏に着物を着て15キロ歩くと、さすがに疲れます。

このあと、とりあえずホテルへ戻って、夕飯はホテル近くのお店で済ませました。

次回は、いよいよ最終日の様子をアップします。

今宵はここらでよかろうかい(笑)。