医療保険の勧誘・・・お断りしてみました。

今使っているクレジットカードの会社から電話があり、カードの会員様に新しい医療保険のご案内を・・・とのことでした。

入院一日目から8,000円の保障、手術給付金もあり、女性特有の病気だと保障が3倍になるそうです。つまり、例えば子宮筋腫などで入院したら一日24,000円?

もしかして聞き間違いかもしれません・・・そもそも、加入の意思がないので真剣に聞いていませんでした(笑)。

で、私、曲がりなりにも2級ファイナンシャルプランニング技能士です。

保険料が私の年齢だと月々3,980円だそうですが、払い込んだ保険料は戻って来ません。「掛け捨て」ってやつですね。

そうすると、1年で47,760円、仮に5年間払ったとして238,800円。

この間に何も病気しなかったら、それだけのお金を捨てることになります。

もし、保険料を払っているつもりで同額の貯金をしていたら・・・と思うと、とても加入する気になれませんでした。

まあ今後5年間、病気しないという自信はないです、正直言って。

実際に、去年の夏に乳腺葉状腫瘍で手術していますからね・・・。

でも、皆さん。あれですよ、「高額療養費」という素敵な制度が日本にはあるんです。

医療保険に入っていなくても、ある程度は医療費って補填されるんです。

そして、確定申告で医療費控除の申請をすれば、所得税が安くなります。

逆に、保険で補てんされたら医療費控除の対象額が減ります。

あとは、月々支払う保険料と、自分が病気になって支払う医療費、高額療養費で補てんされる分などを考慮して、どうするのがいちばんお得かです。

日頃からかかりつけ医を持ち、気になることがあれば(大げさにならない程度に)相談したりして健康管理に気を付けていれば、保険料を払わずにその分貯金しておく方がお得な気がします。

例えば2016年の私の医療費の合計は、47,140円。

上の保険の1年間の保険料より安いです。そして、保険の支払い対象に当てはまる病気はしませんでした。

なので、もしこれ、保険料を払っていたら、医療費とダブルで出費ということですよね。

もったいない・・・。

そんなこともあるので、やはり掛け捨ての保険にはなるべく加入しないで、「自分は保険に入っていないので、健康に気をつけよう!」という生活をした方がいいと思います。

電話の向こうの人に、このような話をして、お断りしてみました。

皆さんもあまり保障内容に惑わされずに、余分な保険料の支払いはしないですむようにしましょう。

あ、もちろん、人それぞれに考え方が違いますので、「安心感がほしい。そのための保険だ」と思う方のご意見を否定するつもりはありません。

そこのところ、誤解のないようにお願いしますね。