入院・手術体験記(その10)

乳腺腫瘍摘出手術のための入院体験記です。

前回は、手術翌日のことをお話ししました。

今回は、退院のお話をします。

2017年8月26日。

いよいよ退院の日です。

入院中につけていた本人確認用のリストバンドは、朝、外してもらえました。

担当医が来てくれて、傷の上に貼ってあった防水テープをはがしました。この時、初めて傷口を見たのですが、傷が治るとともに自然にはがれるという細いテープがたくさん貼ってありました。

傷は、左乳房の乳輪と胸の谷間のちょうど真ん中辺りに縦にシューッと6~7cmぐらいについていました。

退院は、平日なら午前中に部屋を空けるのが原則なんですが、土曜日だったので、午後でもOKとのことでした。

うちは夫が土曜日の午前中も仕事なので、ありがたかったです。

入院初日に着て行った服は、夫に持ち帰って洗濯してもらい、退院日に持って来てもらうことにしていました。

なので、夫が来るまで着替えられません。

同じ病室の人に「あれ?もう着替えていいんじゃない?」と声をかけていただき、事情を話すとニコニコしていました。

「吉田さんのご主人は本当に優しそうね。大事にされてるわね」と言ってました。

そうなんですよね~。大事にしてもらってます。なので、私も夫を大事にしたいと思っています。

この日、お昼までは食事が出ました。

最後の病院食もほぼ完食。ちょっと便秘気味だったのでご飯を少し残しましたが・・・・。

午後2時過ぎ、夫が到着。早速、着替えて、病室の皆さんに挨拶して、帰りました。

土曜日だったので精算はできなくて、次の外来の時に支払うということになりました。それで、金額が確定したら電話してくれることになり、退院の手続きだけして、病院をあとにしました。

今まで適温に保たれた室内で暮らしていたので、暑い自宅に帰ったら体調悪くなるんじゃないかと心配しつつ、助手席でゆったりしました。

帰り際に夫が「退院祝いにケーキ買って帰らない?」と提案してくれて、私は大喜び。

吉田家御用達(?)のお菓子屋さんに立ち寄りました。たまたま2つだけ残っていた「スペシャルモンブラン」みたいな名前のケーキを買いました。

帰って食べたら、めちゃくちゃ甘い・・・。こりゃ確かにスペシャルだな(笑)。

次回は、普通のモンブランにしようと思います(笑)。

まあ何はともあれ、無事に退院できました。

この日は、ゆっくり過ごしました。

次回からは、番外編で入院時の持ち物などについて、経験談をお話しします。

スポンサーリンク

シェアしてくださる方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひフォローお願いします。