GW明け翌週末の農作業

ゴールデンウィークは風のように去っていきました。今年も農作業で終わったことは、過去記事に書いてあります。

その次の週も、週末は農作業で終わりました。

どうしたって5月は農作業の月!

ゴールデンウィーク明けの翌週末、まずは夫が土曜日の午前中は仕事でした。

午後は田んぼの草刈りをすることになり、夫が刈って私が集めて片付ける係をしました。

この作業は夏の間、だいたい3~4週間に一回、行います。

今月はいよいよ田植えに向けて田んぼに水を入れるということで、水を引くための管を取り入れ口にセッティングします。太くて長いので、1人で運ぶのは困難。よって、夫婦の共同作業になります。

この管を入れるところに土などが溜まっていたりするので、それを取り除くのですが、これがまた意外に重労働。草刈りよりこっちの方が疲れました(笑)。

何とか無事に管をセッティングできたので、種をまいたダイコンのうち、芽が出て来たけど鳥に食べられてしまったと思われるところに追加で種まきをしました。

翌日。日曜日だからって遊びには行けません。

夫は家の前の畑の草刈りをしてくれました。その間に私は野菜たちに水やり。

今年は稲作も10年目となり、私たち夫婦も少し「慣れから来る油断」をしてしまい、育てている稲の苗が一部水不足で枯れそうになっていることに気づきました。

大慌てでたっぷり水やりしました。何とか持ち直してくれたようでホッとしていますが、伸び具合がイマイチです。それは仕方ないかも。

そのあと、夫は田植え機の整備をしました。きちんと整備しておくと、田植えの日にマシントラブルが発生することもなく、スムーズに作業できるからです。

何事も、準備が大切です。

雨が降って来たので、この日は作業を終了。録画しておいた番組などを見ました。

こんな感じで、5月はどうしても農作業が中心になります。

私の卒業した高校(東京の私立豊島岡女子学園)の同窓会総会が毎年5月中旬に行われるのですが、田植えを目前に控えた大切な時期になるため、創立120周年の記念の時に頑張って都合をつけて出かけた以外は、全然行けていません。

当時の同級生たちはどうしているのかな~。何人かはSNSで連絡が取れますが、居場所も分からない友だちが多くて残念です。

何かいい方法ないかしら。

誰か、Facebookで私を探してくれないかなぁ・・・。

スポンサーリンク

シェアしてくださる方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひフォローお願いします。